それぞれの違い

    レンタルサーバーという運用方法が流行したのは、ネットワーク回線が高速化した事が大きい。業務システムを利用するの...

    Readmore

    データセンターの重要性

    重要なネットワークに依存するシステムを利用する場合には、クラウドやレンタルサーバーを用いる事が一般的になった。...

    Readmore

    拡張が容易

    コンピュータのシステムにおいてリソースの確保は重要だが、レンタルサーバーなどの運用では容量が決まっている。仮に...

    Readmore

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

運用する上での注意点

ノートブック

クラウドとレンタルサーバーは似通っているが、いくつかの違いはある。
それを把握した上で運用しないと、大きな損害を被る可能性もある。
例えばクラウドシステムを利用する場合、大きな利点は必要パワーに応じて仮想化サーバーの構成が変わる事だ。
具体的には利用するサーバーを求められるパワーに応じて変化させる。
それによって暇な時間帯もピーク中も、最小限のパワーで対応する事が可能なのだ。
それに対してレンタルサーバーは、ピークタイムを乗り越える力が基準になる。
暇な時間帯も全力を出すという事なので、エネルギーの利用面においてレンタルサーバーは大きな無駄がある。
だからその点においてクラウドは、レンタルサーバーを上回っていると言えるだろう。
しかしそれは同時に弱点となり得るのだ。
その理由は提供されるパワーが変動制のため、クラウドは定額料金ではなく従量制料金になるのである。
だから利用料金が安定しないという点は不安要素と言えるのだ。
さらに最近になってそのウイークポイントを狙ったシステム攻撃が誕生した。
システムに多大な負荷を与える事によって、多くの仮想化サーバーを動作させる。
それによって利用者の支払い金額を上昇させる攻撃だ。
不安面ではあるがこの問題は、事前に委託サイドに相談しておけば対処可能だ。
システムが急激に重くなったら、警告してくれる措置を取ればいいだろう。
このような方法を取るには、事前に不安要素を把握しておく事だ。
外注業者は責任を持って仕事をするが、あくまでそれは発注者の要望に沿った形である。
発注者が提案しなければサービスを十全に利用する事ができない。
つまり依頼する前に最低限の勉強をする事は必要なのだ。
レンタルサーバーやクラウドに限らず、多くの仕事を他の企業に頼む形が増えてきた。
これはコンピュータにおけるリスク分散の考え方だ。
リスクを多くの場所に散らす事で責任を軽くしているのである。
そうする事は気持ちに余裕を持って仕事に臨むためにも必要だ。

オススメリンク

コーヒーを置く

それぞれの違い

レンタルサーバーという運用方法が流行したのは、ネットワーク回線が高速化した事が大きい。
業務システムを利用するのに、本社ビルを利用する必要がなくなったからだ。
それによって安全なデータセンターで機器が管理できるようになり、システムをインストールしたサーバーを安全な場所に移動でき…Read more

関連リンク